人工知能(AI)が天気予報を執筆。西日本新聞。

西日本新聞が2017年1月10日、人工知能(AI)が天気予報を執筆したらどうなるか、という実験の結果を発表しました。 以前に「中部経済新聞が人工知能(AI)に記事を書かせた」という話題をご紹介しましたが、こちらは天気予報を人工知能(AI)が書いたもの。 記事を執筆したのは「オートメーテッド・インサイツ社」の人工知能(AI)・ワードスミス(Wordsmith)。 同社の人工知能(AI)はAP通信が導入して企業の決算情報を書かせたりしていることでも有名です。 西日本新聞はこのWordsmithに、独自のテンプレート・パラメータ・文例などの設定を行ったうえで、日本気象協会九州支社から受け取った2017年1月10日の気象データ約20項目をWordsmithに読み込ませることで天気予報記事を執筆したそうです。 実際にWordsmithが執筆した天気予報は下記。

 

おはようございます。今日から新学期がスタートする学校が多いと思います。1月10日の九州北部(福岡県福岡地方)の天気予報は、晴れ時々くもりでしょう。降水確率は午前、午後ともに10%でしょう。傘は持たなくても大丈夫です。 日中の最高気温は11度、最低気温は6度となる見込みです。前日より最高気温は1度低く、最低気温は4度低いでしょう。平年と比べて最低気温は2度上回り、最高気温は平年並みでしょう。 風は北西の風後北の風、海上では後北西の風やや強くなるでしょう。日の出は午前7時23分。日の入りは午後5時29分です。 今日のお出かけには、コートを着ないと寒いでしょう。今夜の夜空は、よく見れば星が現れるかもしれません。

いかがですか? ちょっと分かりにくい表現になっているところもありますけど、これが人工知能(AI)が書いたとは思えない仕上がりですよね? データを読み込ませてから記事が出てくるまで1秒だそうです。 とはいっても事前のテンプレート作成や文例入力、その他の細かな設定にはかなりの時間と労力が必要と思われますが、それさえ済ませてしまえば、天気予報の様な決まったデータを大量に処理するような分野では人工知能(AI)記者が活躍しそうです。

 

source : http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/300189

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です