GoogleとMicrosoftの翻訳が人工知能(AI)で賢くなったというので試してみた。

 

GoogleとMicrosoftの翻訳機能に揃って人工知能(AI)が搭載されて、前よりも賢くなったというので試してみました。

instagramに写真をアップしたら突然英語でコメント貰っちゃって何が書いてあるかよく分からずにアタフタ。
Googleさんに翻訳をしてもらうも、単語だとなんとかなるけど長文になると何を言ってるのか理解不能なこと、経験したことありますよね?
ありますよね?
ですよね。

その翻訳機能に人工知能(AI)が搭載され、より自然な翻訳結果を出してくれるようになったそうです。

 

Google翻訳の方はPCの場合、今までと同様に左側に元のテキストを入れると右側に翻訳結果を表示してくれます。
google

 

Microsoftの方はちょっと変わっていて、原文をいれると結果を2種類だしてくれます。
microsoft
これ、「こっちの方が自然な翻訳になってる」と思った方に投票すると、人工知能(AI)の精度が上がっていく仕組みなんだそうで、利用するユーザーが増えれば増えるほど、より自然な結果が期待できるってことのようです。

 

で、このGoogleとMicrosoftの翻訳機能を比較してみました。
まず元のテキストがこちら。

A shelter dog, who is recovering from a cancerous tumor, saved a cat’s life on one of her walks with a volunteer.

Leopard, a 6-year-old Shar-Pei, was out on a morning walk last week when she pulled the volunteer over to a sewer grate and laid down. She wouldn’t move.

“Upon closer inspection the volunteer noticed a young grey cat stuck in the sewer,” said Mindy Naticchioni, an administrator at the Cuyahoga County Animal Shelter in Ohio.

Volunteers were able to rescue the cat and although slightly dehydrated and hungry, the cat was healthy.

The cat is now staying at the shelter too, Mindy said.

“Had Leopard not alerted us that something was going ok with the sewer, we may not have known the cat was even in there. Leopard is a hero,” Mindy told InsideEdition.com

Yahoo!の英語版ニュースから引っ張ってきました。

 

Microsoftの翻訳結果、その1

癌性腫瘍から回復している避難所の犬は、ボランティアと彼女の散歩の一つに猫の命を救った。

朝の散歩に出ていたヒョウ、6 歳シャーペイ上下水道おろすのためにボランティア活動やダウン レイアウトを引っ張られるときに彼女の最後の週。彼女は動かなかった。

「精密検査時にボランティア気づいた若い灰色の猫、下水道で立ち往生」Mindy Naticchioni、オハイオ州カヤホガ郡の動物シェルターの管理者は言った。

ボランティア猫を救出することができたし、猫が健康だったが、少し脱水症状や空腹。

猫は今も避難所に滞在、ミンディーは言った。

「警告していたヒョウない私たち何かが下水道で ok そうだった、私たちかも知れない猫そこにもあった。Mindy は、ヒョウのヒーローは、”InsideEdition.com に語った。

 

Microsoftの翻訳結果、その2

がんの腫瘍から回復している避難所犬は、彼女のボランティアで散歩のいずれかに猫の命を救った。

ヒョウは、6歳のシャーペイ、朝の散歩に先週、彼女は下水道の火格子にボランティアを引っ張っていたと起工。彼女は動かないだろう。

“近い検査でボランティアは、下水道で立ち往生若い灰色の猫に気づいた,” ミンディー Naticchioni は言った, オハイオ州のカイヤホガ郡動物シェルターの管理者.

ボランティアは、猫を救出することができたが、わずかに脱水と空腹、猫は健康だった。

猫は今も避難所にとどまっている、とミンディーは言った。

“ヒョウは、何かが下水道で ok を行っていたことを私たちに警告していない、我々は猫を知られていないかもしれないがあった。ヒョウは主人公です、”ミンディーは InsideEdition.com に語った。

 

んー、どっちもちょっと微妙・・・

 

Googleの翻訳結果を見てみましょう。

癌性の腫瘍から回復しているシェルター犬は、ボランティアをして散歩中に猫の命を救った。

Leopardさん(6歳のShar-Pei)は、先週の朝の散歩で、ボランティアを下水道に引っ張って寝返りました。 彼女は動かないだろう。

オハイオ州Cuyahoga郡動物保護区の管理者であるMindy Naticchioniは次のように述べています。「細心の注意を払って、ボランティアは下水道に閉じ込められた若い灰色の猫に気づきました。

ボランティアは猫を救うことができましたが、わずかに脱水して空腹でしたが、猫は健康でした。

猫は今も避難所に滞在している、とミンディは言った。

「Leopardは、下水道で何かがうまくいくと警告していなかったので、猫がそこにいてもわからないかもしれません。 ヒョウはヒーローです」とMindyはInsideEdition.comに語った。

どうでしょう?

今のところ、Google翻訳の勝ちでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です