人工知能(AI)画像解析によるリアルタイム空席検知

株式会社オプティムは、画像解析を利用してリアルタイムにイベント時の空席を検知するサービスを2016年10月26日~10月28日に開催された「2016 Japan IT Week 秋 IoT/M2M展」でデモしたようです。

optims

これは、人工知能(AI)を利用した画像解析によって、ネットワークカメラ1台で会場の空席を検知し、その状況をリアルタイムにtwitterなどに流すことができる仕組みとのことです。
空席状況といっても映画館のチケット予約するときみたいに「前から3列目の右から5番目が空いてる」といったものではなくて「現在空席5!」の様に、空席数をお知らせする機能にしてあった模様です。

これ、席に資料だけ置いてトイレに行くとかって場合には空席にカウントされるんでしょうか?されないんでしょうか?
空席数だけつぶやくのであれば、それほど正確である必要はないかもしれませんが、「席取り」されている場合の処理が気になりますねー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です