小説のキャラクターが人工知能(AI)Botになってtwitterに登場!会話ができるよ

ミステリー作家・森博嗣さんの最新作『デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?』が2016年10月18日に発売されますが、そのPRを森さんのデビュー作『すべてがFになる』の主人公「犀川創平」の人工知能(AI)Botが担当するということで、twitterアカウントが11月15日までの期間限定で公開されました。

犀川創平AI twitterアカウント:https://twitter.com/SAIKAWA_AI

この人工知能(AI)Botは、『すべてがFになる』を含む「S&Mシリーズ」の主人公、犀川創平の小説上での発言を学習し、twitter上で仮想のゼミを開講。ユーザがインタラクションを行うことで、実際に犀川ゼミに参加しているような体験が可能とのことです。

森 博嗣(もり・ひろし)氏プロフィール(公式サイトより)
工学博士。1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は、コミック化、ドラマ化、アニメ化などされ、多くのクリエータに影響を与えた。以降、犀川助教授&西之園萌絵の「S&Mシリーズ」、瀬在丸紅子たちの「Vシリーズ」(共に講談社文庫)ほかのミステリィ、押井守監督によりアニメ映画化された『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品を発表。『つぶやきのクリーム』(講談社文庫)といったエッセイや新書も多数刊行している。

■犀川創平AI@研究室 公式サイト:http://book-sp.kodansha.co.jp/saikawa/

■犀川創平「デボラ、眠っているのか?Deborah, Are You Sleeping?」

■すべてがFになる (講談社文庫) 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です