人工知能(AI)とアーティスト・ワライナキが応援ソングを作曲

ついに作曲も人工知能(AI)の時代です。
大阪大学産業科学研究所の沼尾正行教授と東京都市大学メディア情報学部の大谷紀子教授の研究グループは、独自に開発した人工知能(AI)プログラムを用いて、フォーク・デュオのワライナキと共同で「共同募金運動70周年記念応援ソング」をリリースしました。
warainaki
ディープラーニングを利用しているのか、この曲は

  • ・ワライナキの曲の中から3曲、応援や感謝の気持ちを特に表している楽曲を人工知能(AI)に学習させる
  • ・ワライナキがその曲に手を加えて歌詞をつけて

完成させたそうです。

曲のタイトルは「akaihane」。

作詞作曲のクレジットは下記のようになっています。
作詞・歌 ワライナキ
作曲 大阪大学 産業科学研究所 /
東京都市大学 / ワライナキ

今回はワライナキが最終的に手を加えていますが、もし将来的に完全に作詞作曲を人工知能(AI)が実施した場合、著作権料って誰に支払われるんでしょう?
てなことが気になったりして。

ワライナキ officialサイト : http://warainaki.com/

source : http://japan.cnet.com/release/30160751/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です