ブリヂストン、タイヤ生産現場に人工知能(AI)を導入して生産性の向上を。

bridgestone

ブリヂストンは彦根向上に人工知能(AI)を搭載した生産システムを導入し、生産性・品質の更なる向上を目指すと発表しました。
タイヤの製造現場に人工知能(AI)?どういうこと?と思ったら、タイヤの生産工程って、実は数百項目もの品質データをチェックしているらしく、さらに人の手によって生産する部分も結構あるらしくて、良いタイヤを作るためには生産現場で働く人の熟練度合いを高める必要(教育)があったみたいです。

完全自動化されてるのかと思ったけど、そうでもなかったんすね。
ブリヂストンのタイヤが他より高い理由がちょっと分かった気がする。

人工知能(AI)が熟練の人の技を学習すると、それをコピーしてどんどん増やしていくことも可能でしょうし、生産から得られたデータをさらにフィードバックしてより高い技術、良い製品に反映させていけたりもするんでしょうね。

そろそろタイヤの交換時期なのでどこのメーカーにしようか迷っていましたが、ブリヂストンにする?どうする?

source : ブリヂストンニュースリリース

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です