AI聖徳太子? 人工知能が複数の人の会話を聞き分けてリアルタイム議事録の作成もOKに

NTT雑音の中でも人の声を正確に聞き分けて書き起こすことができる人工知能(AI)を開発。複数の人の声を聞き分け、会議の議事録をほぼリアルタイムで生成できるそうな。

リコーが開発した「黒板に書かれた内容や会議の発言内容を分析して議事録作成や会議改善提案を行う」という電子黒板にも通じる技術ですが、こちらは音声に特化しているようです。

雑音の中でも必要な音声のみを拾うことが可能なようで、会議室の中だけではなくて雑踏の中での通訳システムなどにも応用できるのだそう。
すでに実用化に近いレベルに達しているそうで、1〜2年後の製品化を目指しているそうです。

source : http://www.sankei.com/economy/news/160911/ecn1609110011-n1.html

Tags:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です