人工知能で冷蔵庫をもっとスマートな家電にしていくMicrosoftの取り組み。

Liebherr

冷蔵庫が自分の中にある食品を見て、何が入っているかを判断するとしたらどうですか?
買い物前に冷蔵庫をチェックしていれば「何があったか覚えてないから、これも念の為に買っておこう」という無駄がなくなるのは良いことですが、ついつい冷蔵庫の中のチェックって忘れてしまいがち。

Microsoftが取り組もうとしている冷蔵庫は、自分で自分の中に何が入っているかを判別するそうです。
さらに、学習機能を持たせることで、新しい製品(パッケージ)でも何の食品なのかは判断できるようになる、とのことです。

家電がネットに繋がるのはもう当たり前。
この冷蔵庫ならそのうちに「ねーねー冷蔵庫、今晩はパスタを作りたいんだけど材料揃ってる?」とかっていう会話もできちゃうかもですね。

source : http://jp.techcrunch.com/2016/09/05/20160902microsoft-is-putting-cortana-machine-learning-in-a-fridge/

Tags:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です