バスやタクシーの配車を人工知能に任せると交通格差の是正に役立つのではないか?

mirai

未来シェア」は公立はこだて未来大学アットウェア社によるベンチャー企業。
バスやタクシーの配車に人工知能を利用して、効率的なオンデマンド型交通を実現しようとしています。

自動運転技術の発達によって、交通の便が悪い地域などの利便性が上がるのではないか、と言われていますが、未来シェアはそれとは違うアプローチで過疎地域の交通利便性を向上しようと取り組んでいます。

過疎地域では事前に予約することで運行する乗り合いバスやタクシーがあったりしますが、未来シェアはそれを完全にオンデマンドで運行しようということのようです。
利用者が呼び出すとリアルタイムにルートと車両を選択し、降車場所も利用者の希望で決められるフルデマンドサービスの確立を目指しているそうです。

常に車両を運行していると採算の取れない地域などでは、こういったサービスの可能性は十分にあるかと思います。
これと自動運転が組み合わさって、例えば深夜の緊急時にも柔軟に対応できるようになったりすると交通格差の是正にも役立ちそうです。

source : http://tech.atware.co.jp/miraishare/

株式会社 未来シェア

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です