飲み会用、人工知能アプリができそうな気配

飲み会の席で話題に詰まって気まずい空気が流れたこと、ありますか?
僕は気まずい雰囲気になったことまではない気がします。

さて、サントリーは人工知能を利用して、飲みの席で会話が途切れて気まずい空気になったことを感知し、その場を盛り上げるようなことを言うアプリ(?)を開発しようとしています。

その名も「カールスロイド」。
ま、カールスバーグのプロモーション用らしいです。

まずは人工知能が酒場で会話データを収集して、そのデータを分析していくそうです。
これ、愚痴とかばっかり言う様になるんじゃないの?」というヤサグレた探りはナシに今後を見守りましょう。

あと、会話例に「初デートの場合」ってあるけど、初デートでこんなアプリを起動してたら、それこそ気まずい空気が流れるんじゃないでしょうか?
ま、見守りましょう、今後を。

リリースは2016年末予定だそうです。
クリスマスか忘年会のネタ用ですかね。

■source : http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000012535.html

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です