没後350年近く経つレンブラントの新作を人工知能が描く

亡くなってから350年近くが経つオランダの画家・レンブラント。
人工知能がレンブラントの作品を学習して、新作を描き上げたそうです。

レンブラントが描いた346作品を3Dスキャン。
人工知能がそれらのデータを学習して、新作のテーマや構図などを決定し、絵の具を重ねた質感を表現するために3Dプリンタでインクを13層に重ねて描いた絵がこちら。

どうです?レンブラントぽいですか?

人工知能を利用することで亡くなった偉大な作家の作品が新たに生まれてくる。
胸熱です。
ただ、作家というのは年齢によって作風も変化していくので、その辺は人工知能で再現できるのかどうか?
再現できる!と言われても亡くなった作家の場合はそれを証明する方法がないですけどね。。。

■source : http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/08/news094.html

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です